読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEACHSIDE BLOG

MicrosoftとかC#を好むレンジャーの個人的メモ

不要なusingを自動で削除 - Visual Studio 2015

VIsual Studio VS2015 VS2013

Visual Studioで、不要なusingを自動削除する機能を世の中に広めたいと思っている今日この頃です(笑)。

Hanselman先生の記事をみて...便利機能な話の流れにのりました。 www.hanselman.com

不要なusingを削除する際、手で削除したり....削除せずに放置?....他人が削除し忘れて、プロジェクトやソリューションのレベルで一括で削除する....ってのはあるあるでしょうか。ソースコード管理の履歴にそれだけでのるなんてことがあった場合は辛くてツラくて震えます。

そこで、Visual Studio 2015の拡張機能Productivity Power Tools 2015の機能ですよ!
(2013の頃からあります...)
(ってか同僚に聞いて知った機能なんですが.......)

ファイルを保存するタイミングで、不要なusingを自動削除して、ソートまでしてくれる優しいやつです。

Productivity Power Tools 2015のインストール

インストールがまだの方は、VSの上部メニューツール > 拡張機能と更新プログラムをクリックし、検索してインストールすることができます。

f:id:beachside:20160825195939p:plain

「保存時に不要なUisngを削除しソート」設定

VSの上部メニューツール > オプションをクリックするとオプションのウインドウが開きます。
Productivity Power Tools > PowerCommands > Generalを開き、「Remove and Sort Usings on save」をチェックします。
f:id:beachside:20160825200809p:plain

設定完了!動作を確認してみましょう。適当なクラスを保存してみると....使ってないusingが自動で削除されます。

f:id:beachside:20160825204340g:plain

これで、不要なUsingに悩ませる心配がなくなりました。

余談 - クイック起動も...

ツール > オプションという操作すらも面倒と感じている場合、VS上部の右上にある「クイック起動」機能を使ってあらゆるメニューを起動するのがベターです。操作の履歴も残って上の方に表示されるので便利です。クイック起動もガシガシ使っていきましょう。
f:id:beachside:20160825201836g:plain

今回紹介する機能以外のPower Toolsの機能や、(個人的に)便利と感じている機能を過去に紹介していますので、ご興味のあるかたは見ていただいて、Visual Studio 生活を楽しみましょう♪

beachside.hatenablog.com