BEACHSIDE BLOG

MicrosoftとかC#を好むレンジャーの個人的メモ

【Visual Studio2013拡張】Productivity Power Tools 2013の機能まとめ(3/3)

今回は、Visual Studio Advent Calendar 2014 - Qiita11日目のエントリーです。
今回もはりきっていきましょーか。

>OverView

【Visual Studio2013拡張】Productivity Power Tools 2013の機能まとめ(1/3)

 1. Peek Help
 2. Solution Explorer Errors
 3. Structure Visualizer
 4. Double click to maximize windows
 5. Timestamp margin
 6. Quick tasks – Edit Present On

【Visual Studio2013拡張】Productivity Power Tools 2013の機能まとめ(2/3)

 7. Ctrl + Click to Peek Definition
 7. Ctrl + Click to Peek Definition
 8. HTML Copy improvements
 9. Recently Closed Documents
 10.Match Margin
 11.Power Commands context menu cleanup
 12.Syntactic Line Compression

イマココ

【Visual Studio2013拡張】Productivity Power Tools 2013の機能まとめ(3/3)

 その他諸々・・・

では、その他諸々について進めます。

・Quick Tasks

Visual Studioの右上にある「クイック起動」で入力してさっと呼び出すことができるタスクの拡張機能です。たくさんある中で、ほほーという機能を紹介します。

コマンド 概要
CollapseRegions Currentのエディター(現在コードが表示されているエディター)の#regionを全て閉じます。
ExpandRegion Currentのエディターの#regionを全て開きます。
LineNumOff エディターの行番号表示をOFFにします。
LineNumOn エディターの行番号表示をONにします。
PresentOff プレゼンモードをOFFにします。Present**の機能は前回をご参照ください。
PresentOn プレゼンモードをONにします。Present**の機能は前回をご参照ください。
PresentEdit プレゼンモードのフォントを設定します。Present**の機能は前回をご参照ください。
WordWrapOff エディターの[右端で折り返す]をOFFにします。
WordWrapOn エディターの[右端で折り返す]をOFFにします。

・Color Printing

エディターの内容ををハイライトされた状態=カラーでプリントアウトできます。うむ、印刷してコードをみるときに見やすい。
と言っても、印刷してコードを見るという地獄のようなプレイはしたくないものです。

この機能についていくつかのISSUEがあるようなので、ご利用の際は本家をご確認したほうがよいですが、ドバッと印刷するのであれば問題なく利用できます。

・Middle-Click Scrolling

ミドルクリック(マウスホイールのクリック)で、スクロールができますという機能です。
...ふむふむ。

・Column Guides 

エディター内で、カーソルが当たっている行をグレーの枠で囲む機能です。
こんな感じ。
f:id:beachside:20141204221726p:plain


>Summary

Visual Studio Advent Calendar 2014 - Qiitaの3連続モノとして進めてきましたが、拡張機能は生産性やUXの向上の手助けになるもの揃いなので、このProductivity Power Toolsに限らずどんどん導入していくことをお奨めします。*1

あと、私はJAZUG(Japan Azure User Group)の中の人ではないのですが、イベント告知。
Azure 史上最大のコミュニティ イベント
GoAzure 2015」が1月16日に開催します。
マイクロソフトUSA本社の Scott Hanselman きますので.NET界隈の方々も楽しめると思います。
もちろん無償イベントです。
お申込みにはJAZUGのサイト経由で...

*1:我ながら雑なまとめでした...