BEACHSIDE BLOG

MicrosoftとかC#を好むレンジャーの個人的メモ

コマンドプロンプト の フォント を Ricty Diminished に 変更する

コマンドプロンプトのフォントのデフォルトってなんでMSゴシックなんですかね。 完全に個人的な主観ですが、MSゴシックは汚すぎて見てるだけでイライラする病を患っているのでデフォでMSゴシックまじ無理... ということで、コマンドプロンプトのフォントを変…

C# で AWS Lambda から 別の AWS Lambda を呼ぶ

AWS Lambda から AWS Lambda を呼ぶ際の実装メモです。 (2017/10月時点 =.NET Core 1.0しかサポートしてない時点の話です) Overview 1 開発環境の準備 (その1) 2 .NET Core 1.0 対応の .NET Standard 1.6 のクラスライブラリの作成(その1) 3 簡易なク…

「これから始める人のための最新 Cognitive Services 入門」書かせて頂きました♪

記事を執筆させていただきました♪ www.buildinsider.net

Azure で 仮想マシン 作ったけど Edge が開けない

「 Microsoft edge can't be opened using the built-in administrator account. Sign in with a different account and try again. 」 ってエラーメッセージの対処方法です。

C# で API Gateway から Lambda - プロキシ統合 の使用とか

API Gateway から Lambda を呼ぶ際の設定、Lambda プロキシ統合 の使用有無時の実装などをメモ。 (2017/10月時点での話=.NET Core 1.0しかサポートしてない時点です) Overview 1 開発環境の準備 (その1) 2 .NET Core 1.0 対応の .NET Standard 1.6 のク…

AWS Lambda を .Net Core と ( .NET Standard と) C# で実装 ~ 環境変数 の読込む

引き続き AWS Lambda を C# で、.NET Core 1.0、.NET Standard 1.6 を使って実装する際のメモです。 環境変数の取り扱いについてです。 (2017/9月時点での話=.NET Core 1.0しかサポートしてない時点です) Overview 1 開発環境の準備 (その1) 2 .NET Cor…

AWS Lambda を .Net Core と ( .NET Standard と) C# で実装する(その2)

前回から引き続き、 AWS Lambda を C# で、.NET Core 1.0、.NET Standard 1.6 を使って実装する際のメモです。 Autofac 使ってDIをする話がメインです。 (2017/9月時点での話=.NET Core 1.0しかサポートしてない時点です) Overview 1 開発環境の準備 (そ…

AWS Lambda を .Net Core と ( .NET Standard と) C# で実装する(その1)

AWS Lambda を C# で、.NET Core 1.0、.NET Standard 1.6 を使って実装する際のメモです。 (2017/9月時点での話=.NET Core 1.0しかサポートしてない時点) Overview 1 開発環境の準備 2 .NET Core 1.0 対応の .NET Standard 1.6 のクラスライブラリの作成 …

Bot Framework で State を CosmosDB ( DocumenDB ) に保存する - C#

Bot Framework の State を CosmosDB に保存する方法のメモです。 前回、State を 安価な Table Storage に保存しましたが、多少使いにくかったり遅かったりします。その対極(?)、高価で使いやすくて速い CosmosDB のターンです。 (個人的感覚です) 今…

Bot Framework で State を Table Storage に保存する

前回、ステート管理の概要を整理したので今回は実装編です。Azure の Table Storage に保存します。 事前準備としては、 以前に作った「会話のログを Table Storage に出力するアプリ」を使って拡張していきます。 Azure の Table Storage もその時に作った…

キーボード の レイアウト がおかしいのを直す( Edge / Windows10)

たまに Edge を使うようになったのですが、urlとか半角で打つとき、キーボードのレイアウトが英語になる!具体的には、@ が [ になったりです。 (しかし、どちらのレイアウトでもいける子なので気にしてなかった...) 今更ですが直し方知ろうと思い立ったの…

Bot Framework での 状態管理(state service の概要を整理)

Bot Framework での ステート管理 について、以下のドキュメントのざっくりな個人的まとめメモです。 docs.microsoft.com Overview ステート管理について ステート管理の概要 ステート管理の活用例 注意事項 プログラミング寄りなメモ State Service 内のメ…

チャットボットの会話のログを Table Storage に出力( Bot Framework )

今回は Azure の Table Storage に、チャットボットの会話のやり取りをロギングする方法を整理します。 前回は、ログ出力の重要な要素、IActivityLogger インターフェースについて概要を整理しました。それを応用して…と言いたいところですが、Nuget で用意…

Bot Framework のメッセージ を ログ するための IActivityLogger ( C# ) の概要

ボットとユーザーの会話のロギングに便利な IActivityLogger インターフェースのメモです。 まず最初にまとめですが、IActivityLogger インターフェースを実装したログの出力クラスを定義しておけば、ボットがメッセージを受け取ったときや送信したときに、…

260文字のファイルパスの制限を解除(して node_modules 削除 : Windows 10)

Windows で node_modules を 削除 したいとき、ファイル名が長すぎて削除できないとかありますよね。 Windows 10 Anniversary Update で、260文字のファイルパスの制限を解除を解除できるようになりました。 この制限解除で普通に rm のコマンドだけでファイ…

ASP.NET Core の SPA の Template が動かない(dist のフォルダーが作られない)

事象の再現方法は、 ASP.NET Core の SPA の Tempates から Angular のプロジェクトを作成(ここでは正常に動きます) GitHubやVSTSにPushする。 (別の人が)リモートからクローンしたソースをデバッグでエラーが出て動かない というものです。 ちなみに.NET…

グローバルメッセージハンドラー (2/2) - Bot Frameworkの基本機能 (global message handlers using Scorables)

前回から引き続き、本題の Scorables の実装です。 Overview 0. Scorables とは (前回) 1. デモ用ボットの作成(前回) 2. 簡易なScorableの実装(今回はココから!) 3. DIの実装 4. Scorableの実装からDialogへ 5. Scorableの実装の注意点

グローバルメッセージハンドラー (1/2) - Bot Frameworkの基本機能 (global message handlers using Scorables)

Bot Framework で開発するときに使うであろう基本機能、Scoralbles をC#で実装関連のメモです。 通称(?)global message handler でドキュメントやGitHubに載っていて、Scorables を使って実装するやーつです。 Overview 0. Scorables とは 1. デモ用ボッ…

Cognitive Services のSDK有無 @201707

ちょっとしたきっかけから Cognitive Services のSDKの有無について、2017年7月時点での情報を整理してみました。 注意 SDKがあって公開されているものは基本的にgithubのリンクをつけていますが、ドキュメントのリンクの場合もあります。 〇はSDKのソース、…

Video Indexer で字幕表示して自動再生 (Auto playing with captions is enabled in video indexer)

Video Indexer で、初期表示でキャプション(字幕)を表示して再生する というパラメーターのお話です。 以前の記事「Video Indexer の小ネタ」では、 Playerのキャプション(字幕)の言語変更 自動再生のオン/オフ を設定しましたが、つい最近、字幕を最初…

Typing indicator の送信 - Bot Framework の基本機能

Typing indicator は、文字の入力中に出てきそうなあれです。 Bot Framework では簡単に実装ができるので、実装しておくといい感じになるでしょう(最後に残念なオチがありますが…) 今回の実装はもちろんC#ですが、Nodeでももちろん同じことができます。

Video Indexer の小ネタ (Microsoft Cognitive Services)

Video Indexer (Microsoft Cognitive Services) で、Player Widget をHTMLに埋め込むことができます。 (前回のVideoIndexerについて書いたときのここら辺の話です。) 埋め込む際の小ネタ、キャプションの変更 と 自動再生のオフ についてメモです。

Custom Vision Service 入門 と品質向上のポイント (Microsoft Cognitive Services)

Custom Vision Service を試してみました。概要と、品質を向上させるためのどうすればよいかの考え方メモです。 公式ドキュメントの内容まとめって感じです。

Build 2017 で発表された Microsoft Cognitive Services 関連の情報の話で登壇させて頂きました♪

Build 2017 で発表された Microsoft Cognitive Services 関連の情報の話を、Cogbot 勉強会でお話しさてて頂きました。 お越しいただきました皆様ありがとうございました♪ cogbot.connpass.com 私の資料は…

Face APIのDotnetCore版 Client SDK でFaceAttributeを全て取得できるようにする

Face API の Client SDK(.NET Core版)だと、現状ではCognitive Services のAPIで公開されているFaceAttributeの一部しか取得できないです。 FaceAttributeについて具体的には、前回の記事内の、Face APIの概要のfaceAttributesです。もちろんEmotionも取得…

Face API とEmotion API - 入門 (Cognitive Services) @201705

Cognitive Services で画像を認識するのに、以下4つをするのにFace API と Emotion API の概要を整理したメモです。(2017年05月時点) やりたいこと サービス APIの機能名 備考 画像に顔があるかを検知したい Face API Face Detection オプションを指定して…

de:code 2017 に参加してきました♪

de:code2017では、Cognitive Services のハンズオンブースと、ハッカソンで開発したアプリの展示ブースのサポートスタッフとして参加させて頂きました。 de:code (decode) 2017 | 日本マイクロソフトの開発者/アーキテクト/IT Pro 向けイベント - Microsoft…

Azure の Video Indexer が凄いので試してみました♪

Video Indexer (2017年5月時点ではpreview)は、動画をアップロードするだけでAI技術を使って様々な分析をしてくれるサービスです。動画の翻訳して字幕を表示するくらいならすぐできます♪ Overview ざっくりな機能を説明すると、動画をアップロードしたら、話…

Azure Functions を HTTPS のみでのアクセスにする

前回の投稿「Azure Functions に IPアドレス制限をかける」ことができたということは、HTTPのリクエストは受け付けず(リダイレクトして)HTTPSのアクセスのみにすることができますよネ…ということで試しました。 前回のやり方で対応するので(2017年5月の初…

Azure Functions に IPアドレス制限をかける

2017年4月の現時点では「従量課金プラン」ではできないです。 「AppServiceプラン」でやる必要があります。むむ。 今回はこの方法の手順メモです。 ガチなエンタープライズ系で予算潤沢なら、高機能で料金もお高い API Management でやればいいんでしょうね…