読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEACHSIDE BLOG

MicrosoftとかC#を好むレンジャーの個人的メモ

de:code 2017 に参加してきました♪

de:code2017では、Cognitive Services のハンズオンブースと、ハッカソンで開発したアプリの展示ブースのサポートスタッフとして参加させて頂きました。

de:code (decode) 2017 | 日本マイクロソフトの開発者/アーキテクト/IT Pro 向けイベント - Microsoft Events

f:id:beachside:20170526104301j:plain

たくさんの方々に Cognitive Services に興味を持っていただいたりハンズオンして頂きました。ご来場して頂いた方々には大変感謝しております(といっても私はマイクロソフトの社員ではないですが….自分の興味あるものをちょっとでもお伝え出来ただけで、なんかそんな気持ちに勝手になってます)。

セッションは、キーノート、しばやん先生、岩永さん、榎本さんをみれたし、他にもいくつか見る時間を取れて大満足です。
牛尾さん@Microsoft@sandayuu)のセッションはいつも面白いしめっちゃ勉強になるので生で見たかったですが、見る時間調整ができず悔いが…(笑)

また来年も何かお手伝いできたらなーと思いつつ、個人的にもっとプログラミングだったりその他諸々の技術的な成長をしなければとモチベーションが上がった2日間でした。

そのうちChannel9で動画があがると思うので、見れなかったセッションは追おうと思います。

関係各位の皆さまありがとうございました。

f:id:beachside:20170526103845p:plain

(そして最後にChannel9人形をいただきました♪)


Cogbot勉強会告知を…

2017年の6月16日(金)にCogbotコミュニティの勉強会開催予定です。Build 2017でアップデータされた内容中心の予定ですが、Connpassにて告知は近々する予定です。


参考(というかただの私用リンク)

blog.shibayan.jp

speakerdeck.com

Azure の Video Indexer が凄いので試してみました♪

Video Indexer (2017年5月時点ではpreview)は、動画をアップロードするだけでAI技術を使って様々な分析をしてくれるサービスです。動画の翻訳して字幕を表示するくらいならすぐできます♪

Overview

ざっくりな機能を説明すると、動画をアップロードしたら、話した言葉をテキスト化して8言語に翻訳して字幕を付けてくれたり、人を認識して誰がどの時間軸で出ているかを判断してくる等の分析をします。それを検索して動画のシーンまで飛んでくれるとか便利機能モリモリ、それがVideo Indexerです。

ポータルのサイトからサクサクと利用することもできますし、RESTのAPIもあるのでシステムに組み込むこともできます。

 1. 機能概要
 2. Video Indexerのポータルから動作をお試し

続きを読む

Azure Functions を HTTPS のみでのアクセスにする

前回の投稿「Azure Functions に IPアドレス制限をかける」ことができたということは、HTTPのリクエストは受け付けず(リダイレクトして)HTTPSのアクセスのみにすることができますよネ…ということで試しました。

前回のやり方で対応するので(2017年5月の初旬時点では)、「従量課金プラン」ではできないです。 「AppServiceプラン」でやる必要があります。(´・ε・`)むむむむ。 今回はこの方法の手順メモです。

Overview

Function App作って、KuduのSite Extension使って強制HTTPS(この言い方微妙ですかね)を設定します。動作確認は、みんな大好き「Postman」を使ってます。

 1. Function App の作成
 2. Kuduで Site Extension の設定
 3. 強制的にHTTPSへリダイレクトを設定
 4. 動作確認

続きを読む

Azure Functions に IPアドレス制限をかける

2017年4月の現時点では「従量課金プラン」ではできないです。
「AppServiceプラン」でやる必要があります。むむ。
今回はこの方法の手順メモです。

ガチなエンタープライズ系で予算潤沢なら、高機能で料金もお高い API Management でやればいいんでしょうね。

ちなみに(英語力に乏しい私は)会社の同僚に質問を投げてもらい、中の人が返信してくれたのを参考にしています。

c# - Azure Functions and restricting IPs - Stack Overflow

Overview

Function App作って、KuduのSite Extension使ってIPアドレス制限をかけます。動作確認は、RESTクライアントのツール「Postman」を使いました。

 1. Function App の作成
 2. IP制限をかける
 3. 動作確認

続きを読む

OpenAPI 2.0 (Swagger) を Azure Functions で定義する

OpenAPI 2.0 (Swagger) を Fucntion App で定義する際のメモを書きました。

Overview

AzureポータルでFunctionAppを作って、 OpenAPI 2.0 (Swagger) を利用してAPIの定義を作り、動作確認する流れです。

1. FunctionApp の作成
2. API Definition の作成
3. 動作確認

続きを読む